<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
中学校2校訪問演奏会

夏に入る前から準備を進めていた岩国西ロータリークラブ主催の石井啓一郎ヴァイオリンコンサートが、10月6日午前10時から岩国市立岩国中学校にて、午後1時35分からは麻里布中学校にて行われた。

これはロータリークラブが提唱して、岩国市内の中学校を年2校ずつ3年間かけてがん予防の話とコンサートをセットにしてまわってみようという企画。当日前まで会場の図面や動線、タイムスケジュールなど細かいところまで何度も打ち合わせてロータリークラブの人達の熱意を感じた。少し前から台風の進路に当たっていて心配したが、前日に台風は通過。岩国市内の全中小学校はその日休校になったが大きな災害にはならずほっとした。そして当日の朝、爽やかに晴れ上がった空のもと、岩国中学校へ出向いて行った。

がん予防のお話しは今回はロータリークラブ会員の兼田氏が担当。話が15分くらいで、その後1時間のコンサート。岩国中学校生徒数約500人、麻里布中学校は生徒数約400人、それに先生たちと保護者の方々が加わって体育館には熱気がこもった。2校のうち、岩国中学校は錦帯橋にも近く、古くからの家が多くて近隣の移住も少ない地域、麻里布中学校の方は商売の家が多いとのこと。生徒の音楽の受け止め方には微妙な違いがあった。岩国中学校の方はおとなしく、しっかり聴いているという感じ、麻里布中学校の方は少しざわめきなどもあるが反応は大変良く、おもしろい音と感じた時には笑い声も。

プログラムは愛の挨拶に始まり、シューベルトのソナチネ、クライスラーの小品、ウェーベルン、最後はチゴイネルワイゼン。やはり目の前での演奏はCDなどの演奏とは全く違って、生徒たちがあんなに引き込まれ、聴き入っているのには先生方もびっくりしていた。

 

コンサートホールまではなかなか足を運べないような里山の中学校にも行ってみたい、もっとたくさんの保護者達も来れるような曜日設定にしてみたい、など、これからの企画に夢がふくらんだ。

岩国中学校

岩国中学校での演奏(上下とも)

岩国中学校2

 

麻里布中学校

麻里布中学校での演奏

2016年10月以降のスケジュール

10月6日 AM10時 岩国市立岩国中学校  PM1時35分 岩国市立麻里布中学校 

     石井啓一郎ヴァイオリンコンサート

10月11日 PM7時 旭川市木楽輪

               石井啓一郎&石井啓子リサイタル

10月15日 宇部市中央病院ロビーコンサート 山大医学部付属病院ロビーコンサート

     石井カルテット

10月16日 PM2時 日本フィル宇部公演 宇部市渡辺翁記念会館

11月3日  PM2時 桜庭邸サロンコンサート

12月5日  PM7時 東京文化会館小ホール

     石井啓子アンサンブルシリーズ

12月17日 岩国国際観光ホテル

     石井啓一郎サロンコンサート

 

月下美人咲く

月下美人。サボテンの一種。大輪の花が美しく東京に住んでいた頃から大事にしていた。最初はだれかから一枚(薄いから「一枚

」と思ったけれど植物だから「一枝}?)もらって挿し木して増えたのだと思う。ちょうど中秋の名月の時蕾が膨らんできて、近くに住んでいた義兄を呼んで月と花を楽しんだこともあった。その義兄は今年夏亡くなった。

岩国に引っ越しの時も持ってきて高さ1メートル弱のが今3株ある。今年は良く咲く年なのだろうか。6月末にも咲いたが、9月になって今まで見たこともない位たくさん蕾を付けた。1株に10個以上の蕾!15日ミュージックキャンプに出かけるのでしばらく留守になるけど留守中に咲かなければいいけれど、と思って出かけた。

20日に帰って来たらまだ咲いていなかったのでほっとした。あまりにたくさんの蕾なので咲くのに時間と労力がいるのだろうか。この花は最初は下向きに花が付く。それが咲きそうになるとだんだん鎌首をもたげるように上を向いて蕾が膨らんでくる。25日の夜、もうたくさんの蕾が上を向いた。でもその夜は咲かなかった。臨月の痛みをずっと感じた。あまりに多産なので咲いたらこの木は枯れるのではと心配になった。すべての花に咲く力を身体全体で蓄えて一気にお産に臨むように感じた。

26日夕方から蕾が開き始め濃厚な香りが辺りを満たし始めた。いよいよ!! 夜、花が開く。二株あるうち、一つには3つ、もう一つには8つの花!見事なお産!すべての力を振り絞って咲いた花たち。

翌日、もう一つの株にも花が咲いた。それは一つの花だったが大輪で直径25センチ以上あった。

その花たちはたった一夜だけの命で、あんなに力みなぎる花だったのに翌日にはぶらんと垂れ下がったしぼめる花となった。

まだ蕾は残っている。この秋、もう少し楽しめそうだ。

 

一度に11個の花が咲いた!!

翌日またもう一つ。この花の直径は25センチ以上あった。

しぼめる花たち。お疲れ様でした。

 

 

ミュージックキャンプ宇部2016開催

9月17日から3日間ミュージックキャンプ宇部が開催された。

今回5回目となるこの企画に参加したのは各地から集まってきた大人、子供合わせて37人。それにその家族でバーベキューなど手伝ってくれた人を含めると総勢41人。初参加の人は10人。彼らは15曲あるプログラムのどこかを担い、17日と18日(結局時間が足りなくて15日と16日の夕方から夜にかけてもレッスンが入った)宇部好楽協会の創立者 故俵田寛夫氏の家でレッスンを受けた。

講師は元モンテカルロフィルハーモニーなどヨーロッパで20年以上活躍されたチェリスト桜庭茂樹氏、元日本フィル首席ヴァイオリン奏者石井啓一郎、ピアニスト石井啓子の3人。

1組原則40分のレッスン枠なのだが、熱が入るとどうしても少しずつ延び、1日のレッスンは朝10時に始まって、終わりは午後8時過ぎ。小学生も一人前に弦楽四重奏曲に取り組み、初参加の子もとても上手だった。女性のコントラバス奏者が入った弦楽五重奏やオーボエの入った四重奏もあってプログラムは変化に富んでいた。最高に盛り上がるのは25人(中学生以下は8人)による弦楽合奏ブリテンのシンプルシンフォニー第4楽章。速いテンポも、難しいリズムもこなして見事に弾き切る。

19日は宇部市妻崎開作にある日立建設のミーティングホールに朝9時に集まり、会場練習を経て午後1時よりコンサート。2回のレッスンで大人も子供も驚くほど成長し、それぞれが音楽に集中して聴衆を楽しませてくれた。木のホールの響きも大変良かった。

17日と18日の夜はユースホステルにバーベキューなど係の人が準備してくれたご馳走が並んだ。元々は庭でやる予定だったが、台風が来るとか、結局台風は速度が遅くて直撃は免れたが雨が降って、急きょユースホステルの食堂での開催となった。この会にはたまたまユースホステルに宿泊していた、常盤公園のデゴイチをピカピカに蘇らせるチームの人達も加わり、人数が多かったので準備は大変だったと思う。でもデゴイチのチームの人の中には山響や日本フィルを聴きに行ったことのある人もいて、話が弾んだ。18日の夜、もう時計は10時を回っているのにヴァイオリンで初参加の東京のTさんがヴァイオリンのFさんを誘って(二人はこのキャンプで初対面)ベートーヴェンのクロイツェルソナタを披露。あの難曲を、そしてヴァイオリンで参加した人がピアノを弾いたので皆はびっくりしてカメラに収めたりして拍手喝采。その後、中学生によるプロコフィエフのソナタの演奏もあった。もうすぐ発表会だそうでバリバリ弾いて、これも拍手!このソナタは、来日したシゲティが宇部公演の時プロコフィエフの突然の訃報を耳にし、急きょプログラムを変更して演奏した曲であることを石井が話し、招聘元の俵田寛夫氏も、宇部の子供がこんなに立派にこの曲が弾けるようになって喜んでいる事だろうと、それも皆で感じ入った。

 

すべて終わって20日に帰京した桜庭氏を乗せた飛行機は、本来ならば四国上空を飛ぶのに、台風を避けて日本海をずっと北上したそうだ。

お疲れ様でした。

 

美維ちゃん

美維ちゃんは小学3年生

愛美ちゃん

愛美ちゃん小学4年生

花菜ちゃん

初参加花菜ちゃん小学4年生

ベートーヴェン130

ベートーヴェンの後期の弦楽四重奏曲にずっと取り組んでいるチェロの青野さん60歳台

初参加

初参加の東京組

ドヴォルザーク五重奏

コントラバスの人も初参加

チェロ四重奏

宇部ではチェロの参加者が多いのでこういうアンサンブルも。

コンサート会場

19日の朝ホール前に集合

江波トリオ

会場練習、ブラームスのピアノ三重奏曲

オーボエ四重奏

ブリテンのオーボエ四重奏曲

ブリテンの合奏

ブリテンのシンプルシンフォニー

夜10時のクロイツェルソナタ

夜10時の演奏会、ピアノを弾いているのはヴァイオリンで参加のTさん

プロコフィエフのソナタ

この子が初めて参加した時はホントにわんぱく坊主だったのにと感慨ひとしお!プロコフィエフのソナタ迫力満点。

 

石井啓子アンサンブルシリーズ

アンサンブルシリーズ27

 

石井啓子アンサンブルシリーズ

2016年12月5日(月)午後7時開演 東京文化会館小ホールにて

全席自由4000円

お問い合わせ 啓&啓倶楽部0827-32-8352

       プロアルテムジケ03-3943-6677

       日本フィルチケットサービス03-5378-5911

       東京文化会館チケットセンター03-5685-0650

プログラム トゥリーナ:ピアノとヴァイオリンとチェロのための幻想曲「環」より「夜明け」

      トゥリーナ:ピアノ三重奏曲第2番 作品76

      プーランク:フルートとピアノのためのソナタ

      ラヴェル:ハバネラ形式の小品

      ラヴェル:ピアノ三重奏曲

演奏  ピアノ 石井啓子

    ヴァイオリン 石井啓一郎 石突美奈

    チェロ 桜庭茂樹

    フルート 石井陽子

 

ラヴェルのピアノ三重奏曲は2000年に津田ホールでチェロに菊池知也さんを迎えて弾いたことがある。

大変いい曲なのに、その時は技術的にも音楽的にも私としては満足のいく演奏ができなかった。もう一度弾いてみたいとずっと思っていた。しかし、あの時も「あの曲は難しいから」と言われた。弾けるだろうか…

でも、今、桜庭さんと共演するようになって、是非弾いてみたいという気持ちが強くなった。

昨年のアンサンブルシリーズが終わった後、ぼそぼそとそのことを話したら、私の背中を押してくれた人がいた。

さあ、弾いてみます。是非聴きにいらして下さい。

トゥリーナの三重奏曲は2曲あって譜面も買ってあり、いつか弾いてみようと思っていた曲。1番か2番どちらにしようかと迷った。取りあえず今年は2番の方を。

今年は長女が学校にあがってなかなか家を空けられなくなった陽子。家で練習できる曲をという事でプーランク。

最後まで決まらなかったのがプログラム頭の曲。アンコールを何にするか、いろいろ探していてこの曲にぶつかった。なのでチラシには入れることができなかった。まだ夜が明ける前の静けさから始まって日の出を迎える美しい曲です。

 

       

2016年の夏

8月も最終日となった。空気はすっかり秋だ。

今年の夏も賑やかだった。

8月3日にWちゃんとAちゃん母子が来訪。4日には陽子と宏二郎、藍がそれぞれの子供を連れてやってきた。それに加え、7日に秀太郎、香織が子連れで、秀太郎の従弟の俊ちゃん一家も一緒になった。6家族、子供は4年生を筆頭に12人。私達を含めると総勢23人!

昼は流しそうめんを食べて、みんなで潮風公演の海で遊び、夜はバーベキュー、花火。

翌日から少しずつ帰り、だんだん人数が減って25日に陽子達が帰ると、家の中は抜け殻のように静まり返った。

錦帯橋の花火大会、吉香公園での宝探し、海、錦町のとことこ列車、プール、玖珂自然公園、錦川の川遊び、しろへび記念館。

色々盛りだくさんだった。陽子はダンナと新婚旅行以来初めての二人旅というおまけまで付いた。ほのかはだいぶ言葉が言えるようになり、晴香、絢香はプールで5メートルくらいは一人で泳げるようになった。

それぞれ成長して迎える2学期。どうかな。

 

夏の大集合

峡谷

日本にはいくつの峡谷があるのだろうか。

山があって川は何日もかけて海に流れ出るのではなく、日本は狭いのですぐ海に出る。田んぼがあって遠くには必ず山がある。平地は狭い。

岩国に居を構えて寂地峡には何度か足を運んだ。とても涼しく、ちょっと冒険もできて楽しい。

島根県の匹見峡温泉に泊まって翌日、戸河内のインターに乗る前に三段峡に立ち寄った。広島県有数の峡谷だ。太田川の支流柴木川にある16キロメートルに及ぶ峡谷だ。何か所かから入れるが一番一般的な長淵から黒淵まで歩いた。往復2時間半余り。緩急の流れを楽しみ、巨大な岩もたくさんあり。自然の力強さを感じた。それにしても秋芳洞でも感じたが、こんなところに初めて遊歩道を作った人達の苦労はいかばかりのものか。崖っぷちに道を作り、ある所は岩をくり抜いてトンネルにして道を作った。平日だったので行き交う人はあまり多くはなかったが、すれ違うと必ず挨拶し、それも女の人が前だと女の人の方が元気よくこんにちは!!と言い、男の人が先頭の場合は男の人が挨拶する。それも面白いなと思いながら挨拶を返す。挨拶は出来た方が良い。顔を見て挨拶が出来ればこの世も大丈夫だと思う。

それと、今回初めて中国自動車道を東に行った。六日市は島根県、それからすぐに寂地峡のあたりを通るので岩国市!!、それから廿日市と戸河内は広島県。たった10分くらいの距離で3つの県を通ることが面白かった。

 

 

狼石

巨大な岩のすぐ脇を通る。

姉妹滝

姉妹滝

龍の口

龍の口、狭い川幅の所を凄い水量の水が流れ、真っ白なしぶきをあげていた。

流れは速く

流れは緩急いろいろ

ゆっくり流れる

断崖絶壁の急流

淵

女夫淵

 

遊歩道

 

赤滝

赤滝。石が赤く見えるのは紅藻ごけのためとか。

遊歩道に洞穴

遊歩道にトンネル

洞穴の中

トンネルの中はしずくが垂れていた

聳え立つ岩

行くてにはそそり立つ岩壁

聳え立つ山

黒淵

黒淵。渡し舟もあり、岸からは見えない秘境も楽しめるそうだ。

 

 

草刈り

その土地は、宏樹庵の竹やぶの間の小径を出たところの道をずっと上がって行って徒歩10分位のところにある。

何軒かの家が無くなるとみかん畑や棚田があり、その上には昔は田んぼだったのだろうけれど誰の手も入らなくなって何年も経ち、くずの葉に埋め尽くされてしまった土地が広がる。道の脇には川があり、梅雨の雨を集めて、小さい川なのにざあざあと大きな音を立てて流れている。

その土地まで来ると、少し上に道路があり、道路の上側には集落がある。土地のすぐ下は蓮田で、年老いた夫婦が丹精込めて蓮根を作っている。今、白い花が咲き始めた。遠くに瀬戸内海が見渡せる。梅雨のぼんやりした海だが、兜島と大黒髪島が正面に見えた。

草はすぐ伸びる。4月に二人で何日かかけて草刈りをした場所なのだが、3か月も経つと、そんな形跡はあとかたもなく、草は身の丈程にも伸びて土地を覆っていた。

雨の多い今年の梅雨だが、昨日と今日は雨が降っていなかったので、二人で草刈り機と熊手を担いで登って行った。

草刈り機にはガソリンが満タンに入れてあるので結構重い。肩にタオルを置いて私が担ぐ。手には手袋を二重にしていった。野ばらの群にもくずが巻き付いているので要注意だ。きれいだから残しておこうなどの生易しい気持ちでは埒があかず、すべて切る。途中でガソリンが無くなって、またいっぱいに入れる。

2日間で下の段はだいぶきれいになった。あと上の段をきれいにするのに3日はかかるだろう。梅雨が明けると暑いだろうな。

 

クマゼミが鳴き始めた。

 

草刈り

父の七回忌

今日は父の七回忌。

父が亡くなったのは平成22年7月18日。大腸がんなどで入退院していたが、7月初めの入院から急に悪くなった。前の年、初めての父と母の句集「あやとり」が完成し、椿山荘にて皆でその完成とダイヤモンド婚を祝った。父は緑内障のため目がほとんど見えなくなっていて制作には苦労が多かったが、根気よく頑張ってやり遂げた。亡くなる年の4月終わりにはチューリップ畑を見に行ったりして最後まで人生を楽しむという姿勢を忘れなかった。

 

今日は夕方に近親者が集まることになっていたので、午前中、母は障子の破れた所を何か所か張り替え始めた。破れた所の枠にそって紙をカミソリで切り取り、持っている書の紙の適当なのを探してきて、枠の大きさにのりしろの部分を計算して紙をハサミで切り、枠にヤマトのりを付けて貼っていく。なかなか上手だ。

母は今年の11月で89歳になる。普段は一人暮らし。食事は自分では作らないので宏二郎と私の妹が週に1回ずつ作りに来て、一緒に食べ、また作り置きをして帰る。私達3姉妹や孫達は母にあまり可愛がってもらった覚えがないので(もちろん良い母ではあったが)意外だったことに、ひ孫は可愛いらしく晴香たちや宏二郎の息子一青が来ると大喜び。今はひ孫も大きくなってもう抱けないが、生まれた直後はうれしそうによく抱っこしてくれた。月に2回ずつ自分の家と西武のカルチャーセンターで書を教えている。生徒は25人くらい。永年教えている生徒さんの中にはもう毎日書道展の審査員クラスの人もいて現在の書道界を引っ張っている。10年余り前からは豊岡市主催の全国展も開催されるようになり、足しげく豊岡にも通うようになった。

 

そこで私は提案してみた。今年3月の宇部での二人展は大変好評だったので、今度はそれを豊岡でやってみたらと。

豊岡では以前、毎年のように私達の演奏会が開かれ、子供達が小さい頃は毎夏遊びに行っていた。当時の私達の支援メンバーはもう高齢化して、亡くなった人も多い。でもわずかに残っている人の中には未だに文化協会の仕事に携わっている人もいる。その人達がまだ動けるうちにもう一度一肌脱いでいただこう、次へつなげるためにも、と思った。

母はその提案に乗った。

開催の時期は来年11月。会場選定のため、今年私にも一緒に豊岡へ行って欲しいと言い出した。

 

父の仏前にて私は、どうぞ母をお守り下さい、と祈った。

 

障子貼り

真剣な表情で紙を貼る母

七回忌

白菊の枯れて遺影の笑みしまま  さちこ

音楽の力

林良昭先生

林良昭

鹿児島市内科胃腸科病院理事長

語り合っていると彼のふつふつとわく発想に音楽と医学の識別が難しい位一体となっているからかと思わされる南国薩摩の名医

 

今年の1月25日に日本フィルのお力添えもあって、当院で四季を通じて行っている院内ロビーコンサートに石井啓一郎氏(ヴァイオリン)、石井啓子氏(ピアノ)の世に名高いK&Kご夫妻をお迎えして演奏して頂く機会に恵まれました。

終演後、感動の余り、その場を離れることが出来ず興奮のるつぼにうずくまっている方が多かった事は正に音楽の力を感じさせる一幕でありました。

ロビーコンサートは間近で名演奏に接し、音楽の真髄に触れる感動はホールで接する音楽とは異なり、全身に神秘的な力を与えてくれるものです。

私は医療の現場で音楽の持つ底知れぬ力を信じ、音楽療法の導入を考えてきました。患者様のみならず、多くの方々の感動は、大きな力となり、今ではささやかではありますが、新風を生んでいます。

近年、世界の長寿国の道を進んでいる日本ですが、年齢を重ねるだけでなく、健康長寿で長寿を保ち、生きている喜びを実感できる長寿国にしなければなりません。そこに欠かせないのが「音楽の力」だと思っています。高齢者の方々に笑顔を取り戻し、生きていることの幸せを感じて戴くことも大事です。老若男女を問わず、明るい世界、明るい人生を育む音楽の力を信じて音楽を聴き、歌い、日々を前向きに生きて行きましょう。

音楽と共に生まれる笑顔を求めて。